救急・集中治療科

  1. 救急・集中治療科

救急・集中治療科の概要

救命救急センターとは、多発外傷、広範囲熱傷、中毒、敗血症性ショック、心肺蘇生後、急性冠症候群、脳血管障害などの重篤な患者に対し高度な医療を提供する三次救急医療機関のことです。

当院救命救急センターには、24時間365日、救急専従医が勤務しており、院内の各診療科と連携しながら救急患者の初療を担当しています。
また、当センターは平成28年3月23日、沖縄県より全国で10番目の小児救命救急センターにも指定されており、全国でも数少ない、そして、沖縄県では唯一の『こどもとおとなのための「救命救急センター」』です。

『こどもからおとなまで「大切な命を守り、県民に貢献する」病院』という理念に基づき、患者の年齢、重症度、緊急度、また、診療科を問わず24時間体制で、すべての救急患者と地域医師に対応すべく救急医療を提供しています。

特色

救急集中治療科は、救急外来(Emergency Room:ER)と集中治療室(Intensive care unit:ICU)、一般病棟を担当し診療を行っています。
ERでは、小児から成人まで年齢や疾患に関係なく、歩いて来院される方から救急車で搬送される方まで幅広い診療を行っています。
多発外傷、敗血症性ショック、心肺蘇生後、広範囲熱傷や急性薬物中毒などさまざまな重篤な救急患者の入院は救急集中治療科が担当しています。

  • 救急外来待合室

    救急外来待合室

  • 診察室

    診察室

  • 初療室

    初療室

  • 観察室

    観察室

体外循環式心肺蘇生法 (Extracorporeal Cardio-Pulmonary Resuscitation: ECPR)や重症呼吸不全に対する体外式膜型人工肺(extracorporeal membrane oxygenation:ECMO)の導入からICUでの管理も当科で行っています。
重症多発外傷に対する開胸・開腹術や創外固定術、また、重症熱傷に対する手術も当科で行い、必要に応じて他科と連携しています。
また、急性冠症候群や脳血管障害など重篤な患者の初期診療は当科が中心となって行い、必要に応じて専門科へ橋渡しをしたり、共同で診療を行っています。

また、多種多様な患者さんを診療するERは経験を積むには非常に良い修練の場でもあります。教育病院として、明日の医療を担う研修医を育てることも大切な使命だと考えております。
当院では各科医師が研修医をバックアップしながら一緒に診療を行っています。

 
  • 指導風景

    指導風景

  • 勉強会

    勉強会

  • 救急車

    救急車

  • スタッフ

    スタッフ

 

施設認定

日本救急医学会専門医認定施設、日本集中治療医学会専門医研修施設

対象疾患

高齢者から小児に至るまで、一次救急~三次救急患者全ての初期対応にあたります。重症外傷、広範囲熱傷、中毒、敗血症性ショック、虚血性心疾患、脳血管障害など、緊急度・重症度の高い疾患だけでなく、歩いて受診される患者さんの訴えも丁寧に聞き、緊急性が高い病気が隠れていないかを見極めるようにしています。

こんな症状の患者様、心配のご家族様、当院のERを受診ください。

例)

  • 子供の熱がなかなか下がらない。
  • 子供が頭をぶつけてしまった。
  • 胸の圧迫感があって痛いような気がする。
  • 妻が料理中に包丁で指を切ってしまった。
  • 高齢の父が転倒してから動けなくなってしまった。
  • 高齢の母が元気が無くて食事が取れない。

医師紹介

西田 武司 (にしだ たけし)

性別
職位 救命救急センター長
出身大学(卒業年) 福岡大学(2000年卒)
認定医・専門医など 日本救急医学会救急科指導医
日本救急医学会救急科専門医
日本旅行医学会認定医
日本臨床救急医学会評議員
臨床研修指導医
日本DMAT隊員・統括DMAT
高知県災害医療対策会議参与員
専門分野 救急医学
集中治療学
病院前救護
航空医療学
災害医療

大田 大樹 (おおた だいき)

性別
職位 救急、集中治療科副部長
出身大学 福岡大学
認定医・専門医など 日本救急医学会救急科専門医
日本集中治療医学会専門医
日本航空医療学会認定指導者
DMAT隊員
沖縄県南部地区MC協議会委員
専門分野 救急医学
集中治療学

土屋 洋之 (つちや ひろゆき)

性別
職位 救急科医長
出身大学 関西医科大学
認定医・専門医など 日本救急医学会救急科専門医
日本集中治療医学会専門医
日本内科学会認定内科医
DMAT隊員
専門分野 救急医学
集中治療学

新里 盛朗 (しんざと もりあき)

性別
職位 救急、集中治療科医長
出身大学 琉球大学
認定医・専門医など 日本救急医学会救急科専門医
日本内科学会認定内科医
日本航空医療学会認定指導者
DMAT隊員
ICLS認定インストラクター・ディレクター
沖縄県南部地区MC協議会委員
専門分野 救急医学
集中治療学

富山 修志 (とみやま しゅうじ)

性別
職位 救急科医長
出身大学 琉球大学
認定医・専門医など 日本救急医学会救急科専門医
専門分野 救急医学

後藤 法広 (ごとう のりひろ)

性別
職位 救急、集中治療科医師
出身大学 帝京大学
認定医・専門医など 日本救急医学会救急科専門医
専門分野 救急医学
集中治療学

高江洲 怜 (たかえす れい)

性別
職位 救急、集中治療科医師
出身大学 琉球大学
認定医・専門医など 日本救急医学会救急科専門医
DMAT隊員
専門分野 救急医学
集中治療学
一般外科

多和田 哲郎 (たわた てつろう)

性別
職位 救急、集中治療科医師
出身大学 滋賀医科大学
認定医・専門医など 日本救急医学会救急科専門医
日本内科学会認定内科医
専門分野 救急医学

中川 丞子 (なかがわ しょうこ)

性別
職位 救急科医師
出身大学 福岡大学
認定医・専門医など 日本救急医学会救急科専門医
専門分野 救急医学

外間 亮 (ほかま りょう)

性別
職位 救急、集中治療科医師
出身大学 久留米大学
認定医・専門医など 日本救急医学会救急科専門医
日本プライマリ・ケア連合学会認定指導医
日本内科学会認定内科医
専門分野 救急医学
プライマリケア
集中治療学

森田 直樹 (もりた なおき)

性別
職位 専攻医
出身大学 旭川医科大学

仲本 昌文 (なかもと まさふみ)

性別
職位 専攻医
出身大学 帝京大学

青木 龍之介 (あおき りゅうのすけ)

性別
職位 専攻医
出身大学 福島県立医科大学

比嘉 亜裕美 (ひが あゆみ)

性別
職位 専攻医
出身大学 琉球大学

お知らせ

救急の日常をFacebookにて閲覧できます。

診療実績 2019年度実績

救急受診者総数 37,132件 成人:15,784件 小児:21,348件
救急搬送者数 4,882件 成人:3,175件 小児:1,707件
入院者数 6,017件 成人:4,270件 小児:1,747件