成人部門
診療科

神経内科

神経内科からのお知らせ

  • 現在表示できる神経内科の新着情報はありません

神経内科の概要

神経内科スタッフ

当科はスタッフ5人、後期研修医1人、初期研修医1人、ドクタークラーク1人で診療をしています。

診療のモットーは、‘ホスピタリテイ’です。神経内科疾患は、長期に管理を必要とする難病や免疫疾患が多く、10数年以上の通院管理を継続している患者が多数います。パーキンソン病や重症筋無力症などの長期予後について国内・国際学会で報告を行ってきました。

2019年度に開設した脳血管障害ユニットは、脳神経外科と神経内科で救急医療を展開しています。仲地 神経内科副部長は、急性期脳梗塞の神経画像診断や、若年性脳梗塞の臨床検討など、国内学会・研究会で報告を行いました。

臨床研究も重点的に行っており、‘臨床の立場からニューロサイエンス’を深めています。

臨床研修は、‘患者や家族を含めた医療連携’ を大切に、神経診察と生理機能検査、分子遺伝検査、筋・神経生検などを駆使して臨床診断を進めています。

医療連携は、県内・県外からの多数の患者さまをご紹介いただき、内科あるいは神経内科専門医の視点で評価し、治療方針を主治医の先生へお伝えし、大変に勉強になったと感謝の声を多くいただいています。

楽しいときも、つらいときも、常に笑顔を忘れず、一流の内科・神経内科を目指して頑張ってまいります。

特色

神経内科準教育施設、臨床神経生理学脳波分野・筋電図・神経伝導分野教育施設。

対象疾患・診療実績

外来総数

約1,350人
神経内科新患外来は紹介患者を受けつけます。神経内科外来は完全予約制です。

  項目 人数
1 脳血管障害など 年500人
2 パーキンソン病、その他の神経変性疾患 年400人
3 てんかん性疾患 年150人
4 ボツリヌス治療 年200人
5 神経生理検査 年100人
6 筋生検 年10人
7 神経生検 年2人

入院総数

約460人

  項目 人数
1 脳梗塞 200人
2 パーキンソン病 50人
3 その他の変性疾患 25人
4 ALS 10人
5 アルツハイマー病、その他の認知症 20人
6 脊髄疾患(HAM/TSP など) 10人
7 免疫性神経疾患 20人
8 脳炎、髄膜炎 20人
9 筋疾患(重症筋無力症、筋ジストロフィー など) 26人
10 てんかん 40人
11 膠原病その他内科疾患 20人
12 その他 20人

お知らせ(研究会・勉強会)

  • 神経科学カンファレンス(OIST/日本神経学会教育施設、年1回)
  • 沖縄県パーキンソン病研究会/勉強会(年4回)
  • 沖縄県脳卒中研究会(年1回)

医師紹介

神里尚美 (かんざと なおみ)

神里尚美
職位 神経内科部長, 琉球大学医学部脳神経外科 非常勤講師
出身大学 琉球大学医学部医学科・博士課程
所属学会 日本神経学会(認定専門医・指導医)
Movement disorder society (MDS), Movement disorder society of Japan (MDSJ)
日本神経生理学会(脳波分野・神経伝導分野認定専門医)
日本内科学会(認定医・指導医)
日本頭痛学会(専門医)
(Peer Review)Cellular Reprogramming誌
業績、パーキンソン病などに関する論文
  1. Kanzato N, et al. Parkinson’s disease therapy with Istradefylline and blood biomarker of epigenetics. Neurology and Clinical Neuroscience 2020,8, issue 5, 276-283.
  2. Kanzato N, et al. Blood hexokinase reduction in de novo Parkinson’s disease and remodeling of glycolytic energy homeostasis with L-DOPA/Istradefylline combination therapy. Movement disorder 2020, virtual congress 2020 meeting. 
  3. 神里尚美, 赤嶺博之. パーキンソン病治療の新常識. LCIG治療を中心に.レジデントノート2020, 22,1437-1442.
  4. 神里尚美. 分子鎖アミノ酸と細胞代謝 – 遅発性錐体外路障害の治療応用–精神科2019,34: 55-59. 
  5. 神里尚美. 日本人のパーキンソン病診療を考える. 大塚製薬e-講演会2017.10月配信.
  6. 神里尚美. 早期パーキンソン病治療におけるゾニサミドの位置づけ. Pharma Medica 2016,34: 55-62.  
  7. 神里尚美,織茂智之,村田美穂,高橋良輔. パーキンソン病治療薬の進行期パーキンソン病における役割. Pharma Medica 2014,32: 107-113.  
  8. 神里尚美.パーキンソン病治療薬の新しい展開. レジデントノート2013,15: 173-182.
  9. 神里尚美、等.L-Dopaが著効した遅発性ジストニアの一例.脳2013,21: 379.
  10. 神里尚美.島皮質とミトコンドリア脳筋症.Clinical Neuroscience2010,28, 435-436.
  11. 神里尚美、等.若年性パーキンソニズム例の妊娠.臨床神経学2006,46,400-403.
  12. 神里尚美、ら.けいれん重積後に膀胱破裂を続発したミトコンドリア脳筋症(MERRF)の一例. 臨床脳波2009, 51, 101-105.
  13. Kanzato N, et al. Atypical rigid from of Huntington’s disease: A case with peripheral amyotrophy and congenital defects of a lower limb.Internal Medicine 1998,37: 978-981.

仲地 耕 (なかち こう)

仲地耕
職位 神経内科副部長
出身大学 琉球大学医学部医学科
所属学会 日本神経学会、日本脳卒中学会(認定医)、日本内科学(認定医・指導医)
業績、脳卒中・てんかん関連の学会発表  

林 正裕 (はやし まさひろ)

林正裕
職位 神経内科医師
出身大学 広島大学医学部医学科
所属学会 日本神経学会、日本内科学会、臨床神経生理学会、日本脳卒中学会
部長のコメント 歯科医師の父の後継を弟さんに託し、沖縄の神経内科診療に邁進する、神経内科groupのエースです。

金城 史彦 (きんじょう ふみひこ)

職位 神経内科医師
出身大学 宮崎大学医学部医学科
所属学会 日本神経学会、日本内科学会、日本脳卒中学会
部長のコメント 何があっても落ち込まない、のびのびした神経内科groupの息子です。

水田 若奈 (みずた わかな)

職位 神経内科医師
出身大学 琉球大学医学部医学科
所属学会 日本神経学会、日本内科学会、日本臨床神経生理学会
部長のコメント あまりに美しくて、入院患者さんは退院したがりません。才色兼備な神経内科の娘です。