小児部門
診療科

小児感染症内科

小児感染症内科からのお知らせ

  • 現在表示できる小児感染症内科の新着情報はありません

小児感染症内科の概要

概要

予防接種の普及や公衆衛生の改善によって、こどもが感染症に罹る機会は減少しています。しかしながら、抗菌薬(抗生物質)の濫用に伴い出現している薬剤耐性菌や、再興感染症(はしかや風疹など)などの新たな脅威が出現しています。これらの問題から今のこどもたちと未来のこどもたちを守らなければなりません。

特に当院では、基礎疾患を抱えた子供たちや重症な疾患にかかってしまったこどもたちを感染症から守るために、最善で最適な医療を提供します。

 

診療の基本方針

  1. 予防接種の役割について正しく啓発し、こどもたちを、麻疹(はしか)や風疹などの「予防接種で防げる疾患(VPD:Vaccine Preventable Diseases)」から守ります。
  2. こどもたちを薬剤耐性菌の脅威から守ります。そのために抗菌薬の適正使用(抗菌薬を必要なときに限って正しく使うこと)を院内外で推進します。
  3. こどもの重症感染症・難治感染症の最後の砦として誠実に診療を行います。
  4. 感染症診療の立場から、院内の研修医やスタッフへの教育・啓発に貢献します。

特色

当院は県内で唯一の「小児感染症専門研修施設」です。県立中部病院小児科と連携し、小児感染症学会認定の専門医を育成しています。また、「感染症内科」と密に連携、成人・小児の枠組みを越えて垣根のないグループ診療を実現しています。

対象疾患

  • 繰り返す感染症(免疫不全を疑うものなどを含む)、周産期感染症、先天性感染症、予防接種(基礎疾患を持つこども、海外渡航前のこどもなど)、海外渡航関連感染症、周期性発熱症候群(PFAPA症候群など)、不明熱、B型肝炎、C型肝炎などの患者様に対して外来診療を行います。
  • 入院している患者様に関しては、各診療科の主治医から相談(コンサルテーション)をいただく形で診療をおこないます。

近隣の医師の先生方へ

感染症でお困りの症例がありましたら、ぜひご紹介ください。入院が必要な症例に関しては、他の専門科と連携し対応させていただきます。

紹介を迷うような症例に関しましては、地域連携室を通してご連絡いただければ個別に対応いたします。

地域連携室FAX番号:098-888-1212

医師紹介

張 慶哲(ちょうよしあき)

認定医・専門医など 日本小児科学会小児科専門医・指導医
インフェクションコントロールドクター(ICD)
小児感染症暫定指導医
専門分野 小児感染症(外来・入院とも)
予防接種(小児・成人・海外渡航前など)
母子感染症(B型肝炎・CMV・トキソプラズマ・HSVなど)
感染管理・制御(院内感染対策・指定感染症など)
抗菌薬の適正使用(AST)活動