小児部門
診療科

小児内分泌・代謝内科

  1. 小児内分泌・代謝内科

小児内分泌・代謝内科からのお知らせ

  • 現在表示できる小児内分泌・代謝内科の新着情報はありません

小児内分泌・代謝内科の概要

概要

小児科領域の内分泌疾患を扱っています。

特色

内分泌疾患の中でも疾患数の多いものは、成長・思春期・性の分化の異常、糖尿病、甲状腺・副腎のホルモン異常、肥満・高脂血症等の小児期成人病、くる病等のカルシウム代謝異常です。
当院は、日本内分泌学会専門医(小児部門)認定教育施設です。

診療内容

間脳・下垂体疾患(成長ホルモン分泌不全、複合型下垂体機能低下症など)、甲状腺疾患(機能亢進症、機能低下症)、Ca/P 代謝異常(副甲状腺疾患、くる病など)、性腺疾患(性分化異常、性腺機能低下症など)、副腎疾患などの内分泌疾患、および糖尿病、低血糖、小児期成人病(肥満症)などの診療を行っています。
小児がん経験者(CCS)における内分泌疾患の長期フォローも、小児血液腫瘍科、小児脳神経外科との連携で行っています。
内分泌疾患は、すぐに生命を脅かされることは少なく、自覚症状が現れにくいことも多いです。
しかしながら多くは生涯健康で過ごすために成人後も継続した管理が必要です。
適切な治療を行うことはもちろん、ご本人が長期に自己管理をできるように支援致します。

医師紹介

井垣 純子 (いがき じゅんこ)

性別
認定医・専門医など 日本小児科学会専門医・指導医
日本内分泌学会(小児科部門)専門医・指導医

喜納 陽子 (きな ようこ)

性別
認定医・専門医など 日本小児科学会専門医

患者さまへ

外来への予定のご紹介は地域連携室を通してお受けしております。

他科に通院中の患者様・入院中の患者様に関しては、各診療科の主治医から相談をいただく形で診療を行います。

※内分泌の疾患は、成長と関連することが多く、出生時の情報と成長の経過が重要です。

母子手帳および保育園・学校で測定した身長・体重の記録(〇歳△ヶ月の時、□cm、◇kg がわかるように)を忘れずにご持参ください。